サービス内容

訪問看護

訪問看護ってどんなサービス?

看護師(または理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)が、疾病や体調不良でお困りの方のご自宅を訪問し、より快適に過ごしていただけるよう支援する仕事です。
ご利用者様のかかりつけ医師やケアマネージャーと連携をはかり、定期的にご利用者様の自宅へ訪問し、必要な医療処置、リハビリテーション、その他看護ケアを行ないます。

訪問看護

PT・OT・STの概要

PT(理学療法士)とは

『ストレッチ・筋トレなどによる身体機能の向上、起き上がる・立ち上がる・歩くといった動作能力の改善を通して、生活機能の再獲得を図る専門家です。

OT(作業療法士)とは

『トイレに行く・着替える・料理をするといった具体的な日常生活上の動作練習を通して、生活機能の再獲得を図る専門家です。また、仕事・趣味活動などの再獲得に向けた練習も行ないます。』

ST(言語聴覚士)とは

『話すこと・聞くこと・嚥下(飲み込み)などの練習を通して、それらの機能の再獲得を図る専門家です。』

訪問リハビリの分野では、各々の専門性のみに限定せずに、様々な視点を持ちながら日常生活全般へのアプローチを行ないます。また、ご家族に対する介助指導・ケアマネージャーや他の訪問スタッフなどに対する情報提供や連携も行ないながら、利用者さまの生活に必要な活動を総合的に支援します。

訪問看護

サービス内容

健康管理

体温・脈拍・血圧など測り病状や体調の観察や判断をします。服薬の管理や助言も行ないます。

日常生活の看護

保清(清拭・洗髪・入浴介助・足浴・口腔ケアなど)・食事介助や経管栄養の注入・排泄ケア

医師の指示に基づく医療処置と医療器具の管理

床ずれ防止と処置・注射・点滴、痰の吸引・胃ろう・バルンカテーテルなど各カテーテル管理

リハビリテーション

移動(歩行や車椅子)訓練・筋力トレーニング・自主訓練の指導・関節拘縮の予防・福祉用具の提案や導入・住環境整備・コミュニケーションや食事の訓練

在宅療養のアドバイス

介護の相談・健康管理や日常生活の相談

ターミナルケア

ご自宅での最期を支えます

※その他、ご希望のケア内容をご相談の上、実施いたします。

Translate »

PAGE TOP